マッサージチェアは「自分に合ったもの=評価の高いもの」なのか?

マッサージチェアは「自分に合ったもの=評価の高いもの」なのか?

「マッサージチェアを購入しよう」と考えている場合、ネットなどで評価が高くなっているものが、「自分が考えているニーズに合うのだろうか?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
事実、マッサージチェアには様々なタイプがあり、評価が高くても合わないこともありますので、体験してみなくては分かりません。
それでは、自分に合ったもの、合わないものをどうやって判断すればいいのでしょうか。

評判が高いものであっても、自分の身体に合ったマッサージチェアを選びましょう。
腰痛や肩凝りなどに悩む人が購入したいと考えるので、ニーズに合うものを探すことになります。
例えば、事務仕事で一日中椅子に座り、パソコン操作をしているので肩凝りがひどく肩もみを重視したいという人、立ち仕事で夕方になると足が浮腫んでしまうため、足を揉んで欲しいという人等、オススメのポイントは人それぞれです。ですので、自分の身体の凝っている部分を、解消してくれる機能を持ったものを選ぶようにしましょう。

「評価が高いからオススメできる!」というわけではなく、ブランドや最新モデルは評価が高くなる場合もあるでしょう。
マッサージチェアを体験してみて違和感を覚える人や、広告などを見ても思っていたものと違っていたという事もあります。なので、購入する前には実際に候補のマッサージチェアを体験してみることが大事です。気になるブランドやモデルのある人は、そちらも試してみましょう。体験することで、機能の違いや自分にとってのメリット・デメリットなどを見付けることができ、より自分のニーズに合ったチェアを購入できます。

また、家電量販店などで購入する場合は、スタッフの話もよく聞き、ただのセールストークなのか、親身になってくれているのか等、スタッフの対応や商品についての説明をしっかりと聞いた上で購入しましょう。気になるチェアをネットで検索し、印刷してそれをスタッフに聞いて選ぶというのもいいですね。
「自分に合っているもの=性能がいいもの」になるとは限らないので、実際に体験してみて購入するかを決定しましょう。

Continue Reading

自分や家族に合ったマッサージチェアの選び方

最新式だから、という理由でマッサージチェアを選ぶのは間違いです。なぜなら、骨格や筋肉のつき方などは個人差があるので、間違った選び方をすると他の部位に痛みが出てしまったり、悪化してしまう事があるからです。
チェアは医療機器認証を受けているものがほとんどですが、治せるものではなく、疲労やこりを和らげるためのものです。

マッサージチェアは、機能、価格、デザイン、大きさなどで決まりますが、注目したい点は揉み玉の動きです。単に揉み玉が、上から下まで背中を動くだけではなく、肩、首、腰など痛みのおきやすい部分を、ピンポイントに揉みほぐしてくれるものがあります。またそういった、細かく部分的にマッサージする機能が付いているのかも、併せてチェックしたいところです。ピンポイントに揉むタイプのものは、光センサーによって使用者の体系に合わせ、揉む位置を自動検索するという機能です。
家族で使用する人は、使用者の凝っている部位や好みにより揉み技が変わるので、使用人数で様々な対応ができるものや、プロの手技を再現し、大きな筋肉を揉みほぐすタイプもあります。
その人の好みに応じ、強弱を細かく調節できる機能がついていて、老若男女問わず使用できるタイプもあります。そういったタイプを選べば、家族で使用できるので大変便利です。
また、最近の人気チェアは全身を伸ばすことができる、ストレッチ機能が付いています。

マッサージチェアを買う前に性能を重視するのはもちろんですが、重量のものが多いため簡単には移動ができず、一度置くと動かすことはほぼありません。ですので、ある程度広めのスペースを確保する事が必須となります。
そのとき、家中のインテリアと合っているかなども考えたいところです。なるべくインテリアと同系色のもの、黒やブラウンなどシックなものなどがありますが、落ち着いてみえるのはやはり、暖色系のベージュやブラウンなどでしょう。

家族や使用者によって心地良く使えるマッサージチェアを選び、自分だけのリラックスタイムを送りたいですね。

Continue Reading